奈良・近鉄生駒駅から徒歩3分 アロマの香るカウンセリングルーム
どんなあなたも受け止めます
うつ状態や不安を改善し、教員支援ができるカウンセラーがいます
生駒市西松ケ丘1-43
  1. 胃炎に効くアロマオイル
 

胃炎に効くアロマオイル

2017/02/02 胃炎に効くアロマオイル
アロマオイルの中には、痛みや炎症に対して効果的な成分を持つものがあります。直接、骨格筋に働きかけ、鎮痛作用、抗炎症作用を持つものが少なくありません。(骨格筋とは、全身の筋肉の約40%を占める、体幹や姿勢や運動に関わる筋肉。)その他、筋肉の凝り固まりには、筋肉を弛緩させたり、血行を促進したりするオイルが用いられます。

ところで、筋肉は直接痛みを感じますが、内臓はどうでしょう? 実は、内臓は直接痛まないのです。では、なぜ胃が痛んだりするのでしょう? それは、痙攣(けいれん)によって周りの神経に伝達された結果、胃の痛みを感じるのだというのです。

昨年の12月、ナード・ジャパン認定校の「メディカアロマ」での講義でそのことを聞いたとき、ちょうど体調が悪くて、しくしく胃の痛みも感じていて、その胃の痛みは、胃が痙攣しているからだと知り、ちょっとショックでした。…そうか、私の胃はこんなにピリピリ「痙攣」してるのか…。そう思うと、自分の胃がかわいそうになってきて、その痛みを和らげるジェルを作ることにしました。

 

製油濃度は3〜5%でブレンドします。全量10グラムに対して、5%で10滴です。痛みはかなり強かったので、5%の濃度にして、「血管拡張作用」のあるレモングラス3滴、「鎮痙攣作用」の強いバジル5滴、さらには、神経性の「鎮痙攣作用」の強いプチグレン2滴。基材として中性ジェル10グラム。

 

これ、効きましたよ、本当に。直接、胃に塗布したのですが、すーっと痛みが和らぎました。

 

年度末に入ってきて、あれこれ仕事が山積みで、胃の痛い思いをしている方にオススメです。ご要望があれば、お申し出ください。ちょっと1コイン、というわけにはいかないのですが、700円で作れます。(3%の濃度でしたら1コインで大丈夫です)

 

画像は昨年12月の神戸ルミナリエです。胃の痛みが治らないまま出掛けたことを思い出します。アロマジェルであなたの身体の痛いところを労ってあげてください。

カウンセリングルーム 沙羅Sara

あなたはあなたのままで大丈夫。ひとりで悩みを抱え込まないで。

明けない夜はありません。

電話番号:090-7594-0428

所在地 :生駒市西松ケ丘1-43 ナビールSANWA  305号室

営業時間:10:00〜19:00

定休日 :不定休

ルーム案内・アクセスはこちら