奈良・近鉄生駒駅から徒歩3分
アロマの香る、ほっと一息つくためのカウンセリングルーム
「教員支援カウンセラー」がいます
生駒市西松ケ丘1-43
  1. KSCC統合的心理療法セミナー(3)ー野末 武義 先生 Aー
 

KSCC統合的心理療法セミナー(3)ー野末 武義 先生 Aー

2017/03/15 KSCC統合的心理療法セミナー(3)ー野末 武義 先生 Aー
野末武義先生の講義の続きです。

「3 相互作用システムの次元〜関係性を理解する〜」では、家族構成メンバーの関係を見る、次のような視点を提示されました。
    ・ 刺激と反応の連鎖、問題や葛藤をめぐる悪循環
    ・ コミュニケーション、境界、パワー
    ・ 堅固な相補性
    ・ couple dance (ex.追跡者と回避者のダンス Middelberg,2001/  怒る女性と引きこもる男性Simon,2012)

「カップルにおける相補性」とは、「感情と論理」の点において、妻は感情偏重で夫は論理偏重である場合が多く、これは「愛情飢餓の妻と冷淡な夫」という構図で説明されました。また「関係性と個別性」の点において、妻は関係性偏重で夫は個別性偏重である場合が多い。これら二つともバランスを取ることが求められるのに、いずれもどちらかに偏ることで、固定した二人の関係ができあがる。当人らは意識していないけれど、そういう二人の在り方で、双方の足らない部分を補い合っている、という意味で「相補性」と名付けられたのかなという理解を私はしました。しかし「相補」の意識は当人らにはなく、双方の「違い」(=違うこと)が問題とされていくのです。

次に、夫婦間の葛藤や緊張を回避するために、子どもなどの第三者を巻き込むことで表面的には安定する「三角関係(triangleが生まれるとの話になりました。この時の留意点として、次のことが挙げられていました。
    ・ 一般的に、母親が子どもと密着し、父親が疎遠になる
    ・ 巻き込まれた子どもに症状や問題行動が現れることがある
    ・ 母子関係のみに注目することの落とし穴

さて、その次に見られるのは「迂回連合(detouring coalition)」です。夫婦間の葛藤や緊張を否認し、子どもを問題とすることで表面的・一時的には夫婦は連合する、というのです。この時の問題として、次の点が挙げられました。
    ・ 子どもへの虐待、子どもの非行などの反社会的な問題
    ・ 子どもの問題解決、子どもとの分離に対する親側の不安と抵抗

う〜ん…、「子どもへの虐待、子どもの非行」が生じるのは、なんとなく理解できましたが、次の「問題解決することへの親側の不安」というのには、唸ってしまいました。…そうか、そうなんだ…。子どもの問題が解決してしまうと、今度は自分たちの問題に向き合わないといけなくなるから、限りなく不安になって抵抗するんだ…! この場合、「子は鎹(かすがい)」というより「子どもの問題は夫婦の鎹」ということですね。

「4 多世代家族システムの次元」では、まず「現在に生き続ける過去を理解する」視点として、次のことが挙げられました。
    ・ 世代を超えて伝達されるものは、個人内に内在化され、夫婦の・親子・他者との関係性に影響を及ぼし、次の世代に伝達される。
    ・ 源家族(夫婦それぞれの親との関係)・拡大家族の人間関係・葛藤や問題のパターン
    ・ 家族観・夫婦観・理想
    ・ (後述)破壊的権利付与・親役割代行
    ・原因・犯人を捜すのではなく、痛み・重荷・心理的遺産を共感的に理解し、負担を軽減する(世代間伝達・世代間連鎖から自由になる)

補足説明として、「世代間連鎖を断つ」ということも巷で言われるけれど、「断つ・切る」というのは、まだとらわれがある状態なので、「自由になる・とらわれなくなる」という方がいいということでした。「断つ」というのは「断たなければならない」と必要以上に、そのことを意識している結果の行動だからか…と私は理解しました。

「破壊的権利付与(destructive entitlement)」とは、源家族での体験として、家族とりわけ親から虐待や暖かい肯定的な関わりを受けることができなかった人(親の精神疾患・虐待やネグレクト・親の離婚や死別などはもちろん、もっと見えにくい小さな苦悩の積み重ねによることも)が、その後の人生でそうした苦労を誰かから理解され情緒的にサポートされなかった場合、次のようなことが見られるというのです。
    ・ 子どもやパートナーの欲求、感情、不安、考え方などに対する感受性や関心や配慮の欠如
    ・ 自分の言動が子どもやパートナーにどのような影響を及ぼしているのか、傷つけているのかについて自覚が乏しく、子どもやパートナーとの良好な関係を維持することの難しさ

この場合、そうならざるを得ない過去の体験が現在の否定的言動の根底にあることを理解し、過去の傷つきや痛みを受容し共感的に理解し応答することが必要であるとのことでした。

「親役割代行(parentification)」とは、家族の中で、子どもが(両)親に対して、きょうだいに対して、あたかも親であるかのような養育的な役割を取るような状況になること(短期的or長期的)で、物理的あるいは情緒的に親の面倒を見たり、親の夫婦関係に介入して葛藤を解決しようとする行動を指すようです。両親夫婦のストレスは拡散されますが、子どもが、結果的に自分自身の成長を犠牲にすることになるといいます。なぜなら、アイデンティティが混乱し、対人関係における孤立と融合を生むことになり、配偶者選択や夫婦関係・親子関係に影響するからだというのです。

「5 より大きな社会システムの次元」として、まず、社会的な文脈の理解が必要ということで、次のような視点が示されました。
    ・ 個人・夫婦・家族を取り巻くさまざまな社会システムや人間関係。ストレッサーにも資源にもなりうるもの。
    ・ 社会的経済的状況
    ・ 文化・差別や偏見
    ・ 職場システム・仕事(ex.夫の職場の特徴や子育て家庭に対する理解の程度、通勤時間も)
    ・ 地域社会・友人
    ・ マスメディア(映画・TV・インターネットetc.)
    ・ジェンダー(夫婦とは・仕事とは・浮気とはetc.)
    ・援助システム(専門家・非専門家)

さらに「ジェンダー:夫(父親)を理解し援助する難しさ」として次の6点。
    ・ うつ病の有病率は女性の方が高いが、自殺率は男性の方が高い:2005年の男女比は2.7対1(高橋,2006)
    ・ 男性は女性ほど自ら心理療法を求めない。(Gilbert & Scher,1999)
    ・ 男性は怒り以外の感情を隠蔽する。(中村,2000)
    ・一般的に心理療法では感情の表出が重視されるが,男性は女性ほど感情を表出しない傾向がある:標準的な男性の失感情症(Levant,1998)
    ・悩みを語ることや感情表現:男らしさへの脅威・恥の感覚(Wexler,2009)→妻・母親によって強化され悪循環に陥ることも
    ・ 男性は、セラピーの中で依存的な立場になることに抵抗を示したり、セラピストと競い合うことがある。(Worden & Worden,1998)

ここまでのまとめとして、次の4点。
    ・ 5つの次元は相互に関連し影響を及ぼし合っている。
    ・ どの次元に焦点を当てて介入するかは、心理療法の理論によって異なる。
    ・ どの次元に介入すると良いかは、ケースによって、また治療プロセスによって異なる。
    ・ ある次元に対する間接的な関わりが、他の次元に直接的な影響を及ぼすことがある。ex.子育てに関わらない多忙な夫
 
今日はここまで。次は「個人面接と夫婦・家族合同面接の比較」です。
画像は、広島市西区井口台のキッシュのお店です。


カウンセリングルーム 沙羅Sara

あなたはあなたのままで大丈夫。ひとりで悩みを抱え込まないでください。

明けない夜はありません。

電話番号:090-7594-0428

所在地 :生駒市西松ケ丘1-43 ナビールSANWA  305号室

営業時間:10:00〜19:00

定休日 :不定休

ルーム案内・アクセスはこちら